中折れや勃起不全は男性更年期が原因!?生活習慣から見直そう!

中折れや勃起不全は男性更年期が原因!?生活習慣から見直そう!

閉経後の女性の更年期障害は良く聞きますが、男性にも更年期障害があるということをご存じでしょうか。男性の更年期障害の原因は精巣ホルモンの「テストステロン」の働きの低下が主な原因と考えられています。

 

この「テストステロン」は30代から低下すると言われていますが、70代を過ぎても30代のような数値を出すことも多いようです。男性更年期になりにくい生活習慣を心掛けましょう。

更年期障害の予防法

「テストステロン」の減少の1番の要因はストレスと言われています。几帳面で生真面目な性格の人が更年期障害になりやすいようです。激しい運動や緊張している時に働く交感神経が活発に働くと「テストステロン」が減少しますので、リラックスできる趣味や質のいい睡眠をとるなどして副交感神経を働かせるようにすると「テストステロン」の減少を予防できます。

 

また適度な有酸素運動も効果がありますが、激しい筋トレやパソコンやゲームなどは逆に「テストステロン」が低下する原因にもなりますので、あくまで楽しくリラックスできるような習慣や趣味を持つことが効果的です。

更年期障害に効果的な食事

卵に含まれる「トリプトファン」は体内に取り込まれると「セロトニン」という物質に変わります。「セロトニン」は精神を安定させ良質の眠りにつきやすいと言われ別名幸せホルモンとも言われています。

 

「セロトニン」を多く摂ることでストレスを軽減させ「テストステロン」の減少を防ぐことが出来ます。他にも牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品や豆腐や納豆などの大豆製品、カツオやマグロなどの赤身の魚に多く含まれると言われていますので積極的に取り入れるようにしましょう。

 

男性更年期障害はテストステロンの減少が原因!食生活の改善で予防する!

更年期障害になってしまった時の受診

更年期障害の主な症状はうつやイライラ、やる気の減少、頭痛やめまい耳鳴り、性欲の低下や頻尿など様々な症状があります。女性には婦人科がありますが、残念ながら男性には専門の受診機関がないのが現状です。うつやイライラは心療科、頭痛やめまいは内科、頻尿は泌尿器科にとそれぞれの症状に合わせて各医療機関を受診しましょう。

 

また、年齢を重ねていくと男性なら誰でも起こりうる、性行為時の「中折れ」や「勃起不全」なんかも、男性更年期障害と見ていいかもしれません。この辺りは一括りにされてしまいがちです。

 

男性更年期になりにくい生活習慣を心掛けるだけでも、中折れや勃起不全なんかも予防することができるので、積極的に取り組んでいきましょう。

 

テストステロンサプリなび!50代でも中折れや勃起不全で悩まない!

関連ページ

亜鉛はテストステロン(男性ホルモン)の分泌量の低下を防ぎ、健康の為に必要なミネラルです!
亜鉛と言えば、男性のミネラルと思いがちです。確かに精子を作ったり、男性ホルモンを製造したり際に、亜鉛は欠かせないミネラル分です。しかし、それだけではありません。味覚障害や肌荒れの予防だけでなく、きれいな髪や精神安定としても亜鉛はとても必要です。精力剤などに含まれる「亜鉛」の主な作用や副作用、そして亜鉛を得られる食品、なぜサプリが良いのかなどを書いていきます。
マカで男性ホルモン(テストステロン)の分泌を促し、健康な身体を維持しましょう!
マカは南米ペルー原産の植物で、精力剤として人気ですが、それは、マカが血液の流れを良くするアルギニンなどのアミノ酸をたっぷり含んでいるからです。アルギニンの成分が、成長ホルモンの分泌を促し、若返り効果が期待できます。精力の増大や、不妊の改善などに効果がありますので、男性にも女性にも効き目があり、しっかりと体の健康をサポートしてくれます。サプリメントなどでマカの成分を摂取して、健康と美容に役立てましょう。
男性更年期障害はテストステロンの減少が原因!食生活の改善で予防する!
女性だけではなく、男性にも更年期障害があります。男性の更年期障害は精神的に辛い症状が出るのは女性と同じなのに、周りに理解してもらえず余計に追い込まれてしまうことがでいます。男性更年期障害の症状は食生活を変えることで、軽減させたり更年期障害自体を予防することが出来ます。無理のない範囲で、食生活を見直して辛い更年期障害の症状を和らげましょう。
アルギニンがテストステロンの分泌促進に効果的!
いつまでも若々しく元気で健康的な生活を送りたい、それは老若男女を問わない、普遍的な願いでもあります。そんな願いを叶えてくれる成分があるのをご存知でしょうか。精力剤のマカに含まれるアルギニンは、まさに元気と活力の素とも言える成分です。精力剤というと男性機能の改善作用のみが注目されがちですが、アルギニンはそれ以外にも様々な効果が確認されており、アンチエイジングに有効な成分と期待が高まっています。
テストステロンが減少すると男性更年期障害に?気が付きにくい病気なので命の危険も!
更年期障害と言えば、中年以降の女性がかかる病気と思われています。しかし最近男性にも更年期障害があることが分かりました。女性の更年期障害は女性ホルモンの低下が原因となりますが、男性更年期障害も同様に男性ホルモンの低下が原因となります。よって中高年の男性には更年期障害のリスクがあることになります。男性ホルモンが低下することは男性機能の低下だけではなく、全身に影響を及ぼすとされています。男性更年期障害の症状や原因を知ることで、早期発見や予防を出来るようにしましょう。