アルギニンがテストステロンの分泌促進に効果的!

アルギニンがテストステロンの分泌促進に効果的!

いつまでも若々しく元気で健康的な生活を送りたい、それは老若男女を問わない、普遍的な願いでもあります。そんな願いを叶えてくれる成分があるのをご存知でしょうか。

 

精力剤のマカに含まれるアルギニンは、まさに元気と活力の素とも言える成分です。精力剤というと男性機能の改善作用のみが注目されがちですが、アルギニンはそれ以外にも様々な効果が確認されており、アンチエイジングに有効な成分と期待が高まっています。

アルギニンとは

身体を構成する成分のひとつに、たんぱく質があります。たんぱく質は筋肉や臓器、皮膚などの身体の構成成分であるとともに、生体内での反応を触媒する酵素や様々な生理活性を示すペプチドホルモン、サイトカインなどの正体でもあります。たんぱく質は多数のアミノ酸が結合したものですが、アルギニンとはこのアミノ酸のひとつです。

アルギニンの作用

アルギニンはその代謝過程の中で一酸化窒素を産生します。一酸化窒素は血管内皮の平滑筋を弛緩させ、動脈を拡張することにより血流量を増やす作用を持っています。また一酸化窒素は血管内での活性酸素の産生を抑制し、血管の老化を防ぎます。

 

そのほかにもアルギニンには、成長ホルモンの分泌促進、免疫機能の向上、脂肪代謝の促進、インスリン分泌促進、アンモニア代謝作用、コラーゲンの生成など様々な作用があるとされています。

アルギニンの効果

アルギニンにアンチエイジング効果が期待されているのは、成長ホルモンの分泌を促進する作用があるためです。成長ホルモンは体内の標的器官の細胞分裂を促進させ、筋肉を増強することで身体を若々しく保ちます。成長だけではなく代謝を促進する働きもあり、脂肪の燃焼しやすくするほか、免疫力の向上、組織の修復作用もあり、身体の健康維持のための重要な役割を果たします。

 

またアルギニンはメタボリックシンドロームの予防に効果的であると言われています。これらはアルギニンの脂肪代謝の促進、インスリン分泌促進の作用によりますが、それ以外にも血管に対する効果から、動脈硬化、脳梗塞、糖尿病、高血圧、心臓病の改善に有効であると言われています。

 

成長ホルモンの分泌促進作用とともにコラーゲン生成に関わることからお肌のはり、つやなど美容面でも大きな味方になってくれるのです。

 

アルギニンの男性機能への効果は、男性ホルモンであるテストステロンの分泌促進作用、一酸化窒素による勃起機能の改善、精子の産生量増加・運動機能の改善作用などによるものとされ、男性不妊にも効果が期待できると言われています。

アルギニンの副作用

アルギニンは適切に用いれば安全性は高いと考えられていますが、過量の摂取は慎む必要があります。経口で摂取した場合の副作用として、腹痛、鼓腸、下痢、痛風が報告されています。アレルギー症状として気道炎症や喘息患者での気道炎症の悪化などがあるため注意が必要です。

 

またヘルペスウイルスは増殖にアルギニンを必要とするため、ヘルペス感染症を悪化させる可能性が示唆されています。降圧剤や硝酸剤、バイアグラとの併用で低血圧が起きる可能性が考えられています。

 

テストステロンサプリなび!50代でも中折れや勃起不全で悩まない!

関連ページ

亜鉛はテストステロン(男性ホルモン)の分泌量の低下を防ぎ、健康の為に必要なミネラルです!
亜鉛と言えば、男性のミネラルと思いがちです。確かに精子を作ったり、男性ホルモンを製造したり際に、亜鉛は欠かせないミネラル分です。しかし、それだけではありません。味覚障害や肌荒れの予防だけでなく、きれいな髪や精神安定としても亜鉛はとても必要です。精力剤などに含まれる「亜鉛」の主な作用や副作用、そして亜鉛を得られる食品、なぜサプリが良いのかなどを書いていきます。
マカで男性ホルモン(テストステロン)の分泌を促し、健康な身体を維持しましょう!
マカは南米ペルー原産の植物で、精力剤として人気ですが、それは、マカが血液の流れを良くするアルギニンなどのアミノ酸をたっぷり含んでいるからです。アルギニンの成分が、成長ホルモンの分泌を促し、若返り効果が期待できます。精力の増大や、不妊の改善などに効果がありますので、男性にも女性にも効き目があり、しっかりと体の健康をサポートしてくれます。サプリメントなどでマカの成分を摂取して、健康と美容に役立てましょう。
中折れや勃起不全は男性更年期が原因!?生活習慣から見直そう!
閉経後の女性の更年期障害は良く聞きますが、男性にも更年期障害があるということをご存じでしょうか。男性の更年期障害の原因は精巣ホルモンの「テストステロン」の働きの低下が主な原因と考えられています。この「テストステロン」は30代から低下すると言われていますが、70代を過ぎても30代のような数値を出すことも多いようです。男性更年期になりにくい生活習慣を心掛けましょう。
男性更年期障害はテストステロンの減少が原因!食生活の改善で予防する!
女性だけではなく、男性にも更年期障害があります。男性の更年期障害は精神的に辛い症状が出るのは女性と同じなのに、周りに理解してもらえず余計に追い込まれてしまうことがでいます。男性更年期障害の症状は食生活を変えることで、軽減させたり更年期障害自体を予防することが出来ます。無理のない範囲で、食生活を見直して辛い更年期障害の症状を和らげましょう。
テストステロンが減少すると男性更年期障害に?気が付きにくい病気なので命の危険も!
更年期障害と言えば、中年以降の女性がかかる病気と思われています。しかし最近男性にも更年期障害があることが分かりました。女性の更年期障害は女性ホルモンの低下が原因となりますが、男性更年期障害も同様に男性ホルモンの低下が原因となります。よって中高年の男性には更年期障害のリスクがあることになります。男性ホルモンが低下することは男性機能の低下だけではなく、全身に影響を及ぼすとされています。男性更年期障害の症状や原因を知ることで、早期発見や予防を出来るようにしましょう。